世渡りと生きがいNO46〜NO50

      


目次 D


======ikigai================ikigai==================ikigai=
************ 世渡りと生きがい〔素読の行)vol 46*****
==========ikigai================ikigai============ikigai===
*****************************************************
   [ 1 ]  古典言行録-露の如し
   [ 2 ]  漢文読み下し文-菅子
   [ 3 ]  古典漢文
   [ 4 ]  陰陽(易経)思考法-田中外務大臣
*****************************************************
(1)古典言行録
  人生は朝(あした)の露(つゆ)の如(ごと)し。
  何(なん)ぞ久(ひさ)しく自(みずか)ら苦(くる)しむこと此(かく)の如し。
         人生如朝露。何久自苦如此。「(李陵)りりょう」
   人生の長い苦しみも過ぎてしまえば、
      朝露が日が出ると消えてなくなる状況に似ている。

(2)古典読み下し文
    管 子 (かんし)
 怠倦(たいけん)する者は及ばず。

 広(ひろ)くなき者は神(かみ)を疑(うたが)う。

 神なる者は内に在り。

  及ばざる者は門に在り。

  内に在る者はまさに仮(か)さんとし、

  門に在る者は まさに 待たんとす。

   曙(あけぼの)に怠(おこた)るなかれと戒(いまし)めよ。

  後穉(こうち)殃(わざわい)に 逢う。

  朝(あした)にその事を忘るれば 夕べに其の功(こう)を失う。

簡訳: 怠ける、即飽きる者は何をしても達成できない。
        心広くなき者は神に疑われる。
        神は自らの心の内にある。
        及ばない者は外からの助けを待ち頼ろうとする。
        自らの努力で能力を発揮しようと力を蓄えよ。
        朝目覚めたら日々怠るなと戒めよ、ぐずぐず遅れれば災いを招く。
        朝に其のことを忘れれば何事も成すことはできない。

(3)古典漢文
   管 子 (かんし)
  怠倦者不及。
  無広者 疑神。
  神者 在内。
  不及者 在門。
  在内者 将仮、
  在門者 将待。
  曙戒 勿怠。
  後穉逢殃 。
  朝忘其事、夕失其功。

(4) 陰陽(易経)思考法
   ○田中真紀子外務大臣と官僚組織
 現代の関心事はマスコミを通じて田中外務大臣と外務省との軋轢が話題
 になっている。この点について易経思考法による観察を記してみよう。
  この観察は冷厳無私な考えになっていく、易経は自然、四季には善悪が
  ないように冷酷無比な考えが出てくることをあらかじめ確認しておいて
  其の普遍的底流にある真意をつかんで頂きたい。

 小泉首相が所信表明で新世紀維新を発表しました、そして聖域なき構造
  改革を公約しております。
  今改革、変革と簡単に言いますが革とは深意を記せばこの場で何回も唱
 えているように破壊であります。 歴史上において中国には革の人ー項羽
  が活躍して劉邦が鼎(てい)の建設、維持の役目を果たしました。
  日本では革を信長が行い鼎を秀吉、家康が建設、維持を担いました。
  織田信長は今までの常識、風習を壊すために寺院までも焼き払いました。
  良きも悪しきも区別なく破壊して行ったのです、良き物も古き風習を断ち
  切るためにはすべて連動している人、物すべてを焼き討ちにしたのです。
  自然が時に荒れ狂いすべてを壊滅する力を発揮するように信長も古き建
  物、伝統、人、しきたりを破壊していったのです。
  其の時代では其の革の手法は嫌われていたでしょう、しかし現代ではその
  歴史は高く評価されています。

 現代この十年を紐解いてみますとゴミ問題も1992年改正する動きが強くあ
 りました、エイズ問題、ハンセン病問題、狂牛病問題と相次ぐ厚生省の指導
 の甘さですべて10年以上の決断の遅れによる多くの犠牲者を出しました。
 官僚は表面に犠牲者が出て其の家族も騒ぎ裁判ざたにしても結論を出さ
 ずマスコミに騒がれても必死になって官僚自らの考えを固執する風習があ
 ります。  現今官僚主導から政治主導に変革するべく組織編制を4月に実施
 されました。
 そのスタートとして田中外務大臣と外務省の官僚との闘いが勃発しました。
 この闘いと同じく他の大臣と他の省庁がないことがおかしい問題であると
 思います。  田中真紀子大臣が人間関係を無視した言動、中国で日本防衛
 構想と食い違った発言があったりいろいろな異論はあっても今までの風習
 を無視した変革、破壊が断行されるにふさわしい人選であろうと思います。

易経革の互卦「女后」 (こう)の卦は5卦の男性の中に独りの女帝が現れて周
囲、 天下を相手に風を吹かせて四海に知らしめる象であります。
この卦では革のためには残忍冷酷無比な性格を持ち、民衆の期待から背い
ても断行するとあります。
 明治から続いた130年官僚組織を革、破壊するのですから常識を逸した言動
 で断行しなければこの古き、厚い壁を壊し新世紀維新の礎を建設でき得ない
 でしょう。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<OOOOOOOOO>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

======ikigai================ikigai===============ikigai===
************世渡りと生きがい〔素読の行)vol 47**********
-----------------------------------------------------
==========ikigai================ikigai============ikigai===
******************************************************
   [ 1 ]  古典言行録-遠きを知って近きを知らず
   [ 2 ]  漢文読み下し文-史記
   [ 3 ]  古典漢文
   [ 4 ]  陰陽(易経)思考法-陽的考えの風潮
******************************************************
[1]古典言行録
   遠きを知って近きを知らず。
     知遠、而不知近。(淮南子-えなんじ)
   簡訳: 遠くのことは良く分かるが近くのことは分からない。
        他人の事は良く分かるが自分のことは分からない。

[2]古典読み下し文
      史 記
   果 たして人の言のごとし。

   狡兎(こうと)死(し)して良狗(りょうく)烹(に)られ、

   飛鳥(ひちょう)尽(つ)きて良弓(りょうきゅう)蔵(しま)われ、

   敵国(てきこく)破(やぶれて)れて謀臣(ぼうしん)亡(ほろ)ぶ。

  簡訳: 韓信が謀反の罪により高祖劉邦に捕らえれた時叫んだ言葉
      果たして人の言に。
      素早い兎を捕まえると用が無くなった犬が煮られて、
      鳥を打ち落として尽きると用がなくなった弓はしまい込まれ、
      他国を破り敵が無くなれば其の家臣は殺されると。

[3]古典漢文
     史 記
  果若人言。

   狡兎 死良狗烹、

   飛鳥 尽良弓蔵、

   敵国破 謀臣亡。

[4] 陰陽(易経)思考法
 
○ 陽的考えの風潮
  アメリカで肺ガン患者がタバコ会社を訴えて3600億円の弁償金をもらおう
  としている。 まだ結審ではないがこのような理不尽な裁判が平然と行われ
  ている。 自らの喫煙行為を制御できないなまくら人間が他人の責任に転化
  して訴訟を起こしお金を収奪しようとしている。

自らの行動を自らの責任とする。 自己責任、自助努力
        ( すべての出来事は自分の責任である。)ーーーー陰的考え

自らの言動を他人の責任とする。 他者責任、援助待ち不努力
      (すべての出来事は他人、周囲、環境の責任である。) ーー陽的考え


 アメリカ肺ガン患者は身体に悪いタバコを売っているタバコ会社が悪いのだ
 と他者責任を主張している。 ー 陽的考え方である。
 この例は極端な例であるが日本でも世の中の風潮としてこの陽的考え方で
 充満しているのではないだろうか。
  山、海、花見、観光地はあらゆる場にゴミの山となり今や日本人の行く所
 ゴミの山と言う汚名を着せられている。
 元H総理大臣のエベレスト登山隊が空の酸素ボンベ、食物の残骸を捨てたゴミ
 他日本人が捨てた塵芥を一登山家が拾い集めている清掃登山のコマーシャル
 
 までテレビ放映されている。
 入場券、税金を払っているから捨てても後で清掃者に任せれば良いー陽的
 考え方の極みである。
100%陰的考え方にすることは自己嫌悪になるので配分として10〜20%
前後の陽的考え方も必要になってくるように思う。

 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<OOOOOOOOO>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

======ikigai================ikigai==============ikigai=
************世渡りと生きがい〔素読の行)vol 48**********
---------------------------------------------------
==========ikigai================ikigai=========ikigai====
***************************************************
   [ 1 ]  古典言行録-狐狸を問う
   [ 2 ]  漢文読み下し文-韓非子
   [ 3 ]  古典漢文
   [ 4 ]  陰陽(易経)思考法-陰陽の味わい
***************************************************

(1)古典言行録
   豺狼(さいろう)道(みち)に当(あ)たる。
   安(いず)くんぞ狐狸(こり)を問(と)う。
           豺狼当道。  安問狐狸。
 簡訳:山犬、狼が大道をじゃましているのに、山中の狐、狸を調べて
      何の役に立つのか。
      *悪い大臣が権力をふるっているのに、地方の小役人の罪など調べて
      何の役に立つのか。

(2)古典読み下し文
     韓非子
      五里を以(もっ)て断(だん)ずる者は王たり。
 
    九里を以て断ずる者は彊(つよ)し。

    治(ち)を宿(とど)める者(もの)は削(けず)らる。

   簡訳:半ばで決断する者は王の資格がある、九分で決心するのも
     立派だけれどもグズグズしていると自国が削られてしまう。

(3)古典漢文
   韓非子

 以五里 断者王。
 
   以九里 断者彊。

   宿治者削。

(4) 陰陽(易経)思考法
  〇陰陽差の味わい
最近の歌の流行を聞いていると、一つの特徴が見られる。 曲が一般の 
人には歌えないほど高オクターブの曲が流行っている。 歌手自身が目一杯
の声量を張り上げて歌っている。最近はカラオケで一般の人も歌唱力があり
そんな歌を歌いこなしている。 
   
なぜこれらの曲が流行るかと言えば曲の高低差すなわち陰陽差が大きいか
らである。世の中が平穏であれば、クラシックのような陰陽差の少ない曲が味
わい、楽しむが世の中が乱れていると、陰陽差が大きくはっきりしていなけれ
ば頭脳に刺激を与えられないのである。従い昭和の大歌手、美空ひばり
の歌の流行った曲を思い出してみると悲しい歌を歌う時に、悲しみが極み
かすかに笑みを浮かべ歌の心を表現している。悲しさー微笑みの陰陽差大
で歌唱力を発揮して聞き手を魅了している。
北島三郎もそのことを対談でそうすることによってより悲しみを表現できる
ことを述べている。
現代はそのような歌唱力、テクニックで表現しても、フアンが鈍感になって
いて感知できなくなり、普通の人は出せないほど高い音で表現して流行ら
せているのである。 従い平穏な時代になり十年以上経てばこの高低の
激しい曲は忘れ去られる。
 
 話題は一変するが、陰陽差の味わいに心の中での一例をつぎにあげる。 
 夏に避暑地の海岸の砂場に寝ている老夫婦がいる。 何の表情のない
 顔の中から、態度から伝わる満足感が伝わってくる人たちがいる。
 その老夫婦には過去に、滲み出るような苦渋の日々が胸に秘めているの 
 であろう。 その陰と現今の海岸の平穏さ(陽)との差を身体から醸し  
  出している。
 しかし同じ場所で、くつろいでいる若者達にとっては平和な日々を過ご 
 してきた若者にとっては、心の中の陰、苦しみの体験がない、そのため  
  彼らたちにとっては現今が台惰、惰性の生活そのものとなっている。
  今日より以上の陽(刺激)を求めて騒ぎ徘徊するのである。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<OOOOOOOOO>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



======ikigai================ikigai===========ikigai==
************世渡りと生きがい〔素読の行)vol 49*********
--------------------------------------------------
==========ikigai================ikigai==========ikigai===
***************************************************
   [ 1 ]  古典言行録-人苦不自足
   [ 2 ]  漢文読み下し文-老子
   [ 3 ]  古典漢文
   [ 4 ]  陰陽(易経)思考法-小、薄、細、微
***************************************************
(1)古典言行録
   人は自ら足らざるに苦しむ、
      既(すで)に隴(ろう)を得(え)て復(また)蜀(しょく)を望(のぞ)む
                                                 (光武帝)
             人苦不自足。   既得隴 復望蜀。
   簡訳: 人はとかく不足しているものを求めて過ぎて苦しむ。
  既に隴(ろう)を得ているのにまだ蜀の地を手に入れようとしている。

(2)古典読み下し文
       老子 56 章
    其の兌(だ)を塞(ふさ)ぎ、

   其の門(もん)を閉(と)じ。

   其の鋭(えい)を挫(くじ)き、

   其の紛(ふん)を解(と)く。

   其の光(ひかり)を和(やわ)らげ、
 
   其の塵(ちり)に同(どう)す。

   これを玄同(げんどう)と謂(い)う。

  語釈:  兌、 門ー喜びを感じる感覚
        鋭-鋭い(知恵)      紛-物事の複雑であること。
        玄同-道(天の理)と一体
     和光同塵-きらびやかな光りをぼかし、塵と解け合って行く態度こそ
      望ましい。


(3)古典漢文
      老子

    塞 其兌、閉 其門。

       挫 其鋭、解 其紛。

       和其光、 同 其塵。

       是謂玄同。

(4) 陰陽(易経)思考法
  日本人の特質「小、薄、細、微」
 日本人は江戸時代から匠の技術は優れていた。現在残存している五重塔
  、寺社、仏像においても数百年経てもその間の地震、災難に耐えた建物
  が多い。最近になって400年経た寺社で改装建築をしている例を見ると
  瓦や釘を点検してみると現代よりも精錬された材質が使われ釘、瓦などは
  其のまま磨き直して再使用することにし、後数百年使用に耐え得ると断言
  している。
  強度などをみても現代と変わらぬ柔構造が使用されていて釘などは曲げ
 ても切断されない構造になっているようである。(現代の柔構造は五十
 塔の耐震構造がアイデイアの基になっている。)
  その日本の歴史からか現代でも中小では電気、機械、ロボット技術、医学
  技術において世界より小さく、薄く、細く、精密にする技術に長けている。
  従い、医学では遠隔テレビで手術を可能にしたり、ロボット技術、携帯電
  話を小さく精密にしてより便利にする技術が盛んに行われている。
  特に目覚ましいのは液晶画面の凹凸の精密度を1/百万分にする精度を
  既に製品化を実現している。他国の技術では追随を許さない域に達して
  いる。
  そして日本の技術は一般の人の組立技術にも匠の技術が伝統的に伝播して
  いることが発見されている。最近の家庭電化製品は日本メーカーの会社で
  あるが実際には タイ製、中国製、フイリッピン製、などアジア諸国で組立
  し日本に入荷されてきている。
  しかし最近は分業性を一人生産性に移行してより短時間に組立可能である
  事が見直されアジア諸国に依頼してきた分業生産を日本で組立生産する方
  式を採用する企業が多くなりつつある。 なぜならば一般工員が日本独自の
  手の器用さを発揮して多能工生産(一人生産)を実行可能にしているから
  である。
  これから日本は金融界の経営人材を刷新して金融経営基盤を確立すれば
 経済的、技術的、経営的に世界の指導的立場を優位にしていくことが
  できてくるように思う。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<OOOOOOOOO>>>>>>>>>>>>>>>>>>
======ikigai================ikigai=========ikigai=======
************世渡りと生きがい〔素読の行)vol 50**********
---------------------------------------------------
==========ikigai================ikigai============ikigai=
***************************************************
   [ 1 ]  古典言行録-月満即虧
   [ 2 ]  漢文読み下し文-荘子
   [ 3 ]  古典漢文
   [ 4 ]  陰陽(易経)思考法-陰の景気、陽の景気
***************************************************

(1)古典言行録
    月満つれば即ち虧(か)く。  月満即虧。
   月が満ちた月となれば、次は欠けてくる。
    極まれば必ず衰える。

(2)古典読み下し文
    荘 子
  吾(わ)が生(せい)や涯(かぎ)りあり、
   
     而(しか)して知(ち)や涯(かぎ)りなし。
   
      涯(かぎ)りあるをもって、
   
   涯(かぎ)りなきに随(したが)う。
   
    殆(あやう)き已(のみ)
   
    已(のみ)にして知(ち)をなす者(もの)殆(あやう)きのみ。

    語釈:生や涯りありー人間の生命には有限である
          知や涯りなしー知識欲は無限である

 (3)古典漢文
    荘 子
  吾生也有涯、
   
   而知也無涯。

  以有涯 随無涯。

  殆已、 已而為知者殆而已矣。

(4) 陰陽(易経)思考法
 
〇 陽の景気、陰の景気
    現代はマンションの売れ行きが好調のようです、特に億ションと言わ
  れる高値のマンションが売れていると聞きます。
    しかし景気は低迷しています、考えてみると自動車、マンション、1戸
    建て住宅が多く売れているときは景気が良いというのでしょうか。
    陰陽で考えてみると5年以上に〜一生に1回の買物をする人が多い
    時期はー陽の景気が良いとみることできます。
    5年〜30年に一回の買物をした後は険約をするようになります。
    月のローンの支払いを10〜20万円する場合は残りで生活をせざるを
 得ない状況となる。 又自動車を売った企業、ローンの会社は景気が良い。
 従いハイクラスの人達の間だけにお金が循環する景気となり陽の景気が良い
  と いうことができる。国民の5〜10%の層の景気判断である。

 それ以外の一般の人90%の人も車、住宅を買い陽の景気を良好にして
   いる。 そのお金も又陽の景気循環をするのみに留まる。

  毎日月々に使われる買物、日々〜月〜1年〜3年に何回も行う買物
   日々のお金の循環 が良い場合は陰の景気が良いということができる。
  陰の景気が良いとは国民の間に流通循環するお金の動向が良い状態
 である。
    現在の景気が低迷していると言われているが、政府の景気浮上策として
    何十兆円のお金を中小企業に緊急貸し出しとしてここ2、3年唱えてきた
   が貸し出す銀行、金融関係の乱れで陽だけの循環に留まり陰の循環には役
  に立たなかった。1年ほど前に子供がいる所帯に一人2万円の商品券を配布
 されたことがあった。
   この金額も大企業の陽の循環に吸い取られ陰の流れにはならなかった。

 ○陽の循環は海外への投資流出されることが多い。
 ○国内の陰の循環も 円高(陽)ー円安(陰) 国内(陰)−国外(陽)
 円高(陽)になると海外旅行により国外(陽)に金銭が流出してしまう。
 ◎陰の循環も、陽の循環も国外に漏れてしまい国内の景気回復は今までの
 方策にない突飛な施策が求められている.
 
 ○株価の動向は陽の数字である、日本人の2%〜3%の人が株の売買を
  行っているに過ぎない。 陽のミクロの数字を追いかけ景気判断をして
  いると陰の景気浮上を見逃すことになる.
  陰の景気が良くなること、陰循環の流れを良くするためには民間1400兆円
  蓄財が動かすようにすることが中心であろう。その動きを活発にするための
  中心は公定歩合3%以上にすることの施策をどうするかであろう。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<OOOOOOOOO>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


    

inserted by FC2 system