人物陰陽分析51          
 
  トップページ                                           目次C  
                                                                                                                                         
2015.12.5


中華元(人民元)がSDRに格上げの裏事情
 
    読み上げ音声

人民元が世界通貨の仲間入りを果たすNEWSが2015年12月1日
 
に入ってきました。 紙屑化すると噂されていた通貨が世界通貨
 
になることを世界の首脳は納得しての決断であったのか疑いを持
 
ちます。
 
客観的に世界を静観しますと世界は二つの大きな流れがあります。
 
政治家の生命エネルギー値が低迷し知恵の無い者達が世界を動か
 
していることが争いの絶えない世の中を造っているのであります。
 
この表面上の政治社会が流れの一つであります。
 
もう一つそれを動かしている見えない富豪の社会があるのです。
 
すべて空虚の中国がこの30年間に急成長した影の力がその富豪者
 
の力であります。 13億人の人口だけの国に技術、金を動かせて
 
アメリカ、日本、ドイツから技術、金、情報を流して一大国家に
 
成し遂げたのが富豪者の影の力であります。
 
今回人民元が世界通貨に押し上げたいと願ったのはこの見えない
 
世界からの圧力であります。 土地、株、鬼城バブルが弾けた国家
 
をこのまま破壊してしまえば、今まで費やした巨費が無駄になって
 
しまいます。完全崩壊前にSDRの助けで浮上させて大儲けする土台
 
作りをしようと蠢いたのであります。
 
このバブル期間を長く延長させれば今までの損失を挽回できる大機会
 
であったのです。大沈没するチャイナを大浮上する中国に演出する
 
ことで30年間の大清算することがこの時期であった訳です。
 
表面上は大泡沫(バブル)の中国、実質上は滅亡するチャイナの
 
格差が大きいほど大泡沫を払ったときのチャイナは眼を覆うような
 
大惨事が起こり、アメリカの1913年FRB 連邦準備制度と同じことが
 
 行われ中国は無くなりチャイナは数分割されることが実施される
 
でしょう。
 
注記)
FRB 連邦準備制度― アメリカの貨幣発行権は連邦準備コーポレーションが

所有している。 アメリカにあってその会社の株の53%が他国の富豪者が

持っている。 銀行券(ドル紙幣)を100万ドル発行する時、230ドルの印刷

費用で100万ドルー230ドル=99万9770ドルがこの銀行の利益となる。

その100万ドルはアメリカ政府が利息を払って借りることになります。
 
日本銀行ならば、国家が運営していますからアメリカのようなことはありません。

アメリカはこの組織を1913年ウイルソン大統領の時に権利を奪われました。

従って借金大国になるのは当然であります。この組織に反抗したすべての

大統領は暗殺されました。 この制度を中国は狙われているのです。

国有であっても人民の紙幣が海外に逃げてしまうようなことが起これば、アメ

リカの二の舞が待っているのです。

人民元が世界通貨紙幣となることはアメリカのように連邦準備制度を作られる

条件が整ったことになります。世界最貧国になる地獄門に入る習近平になろう

としています。習国家主席は世界の組織、金融に無知その者であります。 
参考文献
次の超大国は中国だとロックフエラーが決めた 下   徳間書店
    謀略・金融篇    ヴィクター・ソーン著 副島隆彦翻訳 

 

易経の序卦傳
  
一般には占いの書と言われていますが現在の科学、コンピューターを
分析してみると易経の仕組みと同じであります。
なぜ同じなのかを説くと人間の考えは易経の教えのように動いている事
が分かってきました。難しいと思われたことも人間の考えは単純であった
ことが解ります。コンピューターが0,1,の二言語であったと同じよう

に人間の頭脳も陰、陽の二言語であったのであります。

その基本である易経の序卦傳の一部を照会して人間はどのように考えて

いるのかを参考にしてみてください。
 
易経 -- 序卦傳(jyokaden)
読み上げ音声

天地有り、然る後万物生ず。天地の間に盈(み)つる者は唯万物なり。

故にこれを受くるに屯(ちゅん)を以てす。

屯とは盈(み)つるなり。屯とは物の始めて生ずるなり。
 
物生ずれば必ず蒙(もう)なり。故にこれを受くるに蒙を以てす。

蒙とは蒙(くら)きなり。物の稚(おさな)きなり。

物の稚(おさな)きは養わざる可からざるなり。

故に之を受くるに需(じゅ)を以てす。需とは飲食の道なり。

飲食には必ず訟(しょう)有り。故に之を受くるに訟を以てす。

訟には必ず衆の起こること有り、故に之を受くるに師(し)を以てす。

師とは衆なり。衆は必ず比する所有り。故に之を受くる比を以てす。

比とは比するなり。比すれば必ず蓄ふる所有り、故に之を受くるに

小畜(しょうちく)を以てす。

物蓄えられて然る後に礼有り、故に之を受くるに履(り)を以てす。

履とは礼なり。

注記)

はじめは難解な文章も数回素読していると意味が掴めてきます。
 
 
 
 空海と同じ2億オング生命エネルギー値を体得する条件
  読み上げ音声


A, 瞑想アワー値が4000アワー(最低でも4000時間以上)

  空海は1万2000アワーでありますが現代においてはこの数値は宗教家

  でなければ到達することはできません。しかしエネルギー値を活用

  して自らの仕事を達成するためには最低でも4000アワーを達成して

  置かなければこのエネルギー値を維持することはできません。

  それは精神、身体が疲弊して維持できなくなり陰陽値の平衡が乱れ

  陰が欠けてきてエネルギー値が急降下してしまいます。

  又仕事上に、生活上において目標を達成するためには最低でも4000

  アワーが必要です。

B, 陰陽値が共に100%であること。

C, 脳波がアルフアー波に成り精神集中できること。

 4000アワーを体得していればアルフアー波になる態勢となれるように

 なりますが瞑想中その後瞬間でもシータ波になる脳波が持てるように

 日々瞑想を行い、日々新たに頭脳を明晰になっていることが重要です。

 アルフアー波は8~13ヘルツ、シータ波は4~8ヘルツ

 シータ波になることは深層意識からアイデイアを瞬間に湧き出す意識

 となります。

D, ①生命エネルギー値の検出、②陰陽値検出、③脳波検出ができること。

 生命エネルギー値、陰陽値は今まで行ってきましたが、脳波値を検出

 できることが重要になってきます。

 これらの3つの見えないものを検出して、デイジタル化自らに視覚化

させて確信することに繋がっていきます。

②と③は同じぐらい微妙な、玄妙な数値であり、少しの顕在の思い込み

があると数値が狂ってきます。その妄想を祓って潜在を信じることが

必要になってきます。
 
以上の4点が2億オングになって世界の各分野のNO,1になる条件でも

あります。しかし Dの検出ができるようになれば半年~1年半で

2億オング体得の傳授で手助けをすることができるでしょう。

後は自助努力の精神でAの瞑想を4000アワーに達成し、自らの研究

、分野の学習に精を出せば専門世界分野のNO1になれるでしょう。

何しろ周囲は優秀であっても1/100のエネルギー値しか持っていない

相手と競うのですから勝ちは見えています。

それに近い数値の人々が地球上に数千人いることで始めて数千年間

のホモサピエンスの人類が一段の進化が始まるのです。

数千人の空海が同時に各分野で活躍すれば地球上の平和と発展の

飛躍に希望が見られると思います。
 
 注記)  2106年に数千人の2億オングの生命エネルギー群が派生して
  世界の指導者がこの地球上の平和、発展の礎を築くでしょう。

---○------○------○------○---

生活電気用品で800種以上の特許を持っていた故政木和三氏は自らの

著書で発明の大半は10秒以内でアイデイアを発案しています、特許

は取るが権利は放棄して自由に使用してくださいと勧めています。

本人の言では今まで数千年前に製作したアイデイアを思い出しただけ

で苦労して発明したものはありません。このような日本人がいた事が

日本が奇跡的に発展を成し遂げたのであります。

この発案は脳波で宇宙意識から選び出した賜であり、シータ波による

恩恵であります。炊飯器などは50年前に政木さん自らが使用していた

製品を電気会社が見つけて製品化されたものです。

テレビでも1/30の値段で製作していました。

---○------○------○------○---
参考文献
精神エネルギー 政木和三 旺文社
 
inserted by FC2 system