人物陰陽分析52
                        

                    トップページ                                           目次C                                                        

 2015.12.15

潜在エネルギー値の事件背景

○エドワード・スノーデンーアメリカの秘密文書を暴露した人

生命エネルギー値 6800万オング、陰90%、陽80%

本人自身は正義感から秘密暴露しているが陰陽の数値を見るとハッカー

としては優秀であるが心身の平衡が狂ってきて国家の秘密を暴露して

自らの名を高めようという傲慢さがこの犯罪に走ったのであろう。

ハッカーのスキルだけで他の知識、判断力の不足が犯罪原因
 
○靖国神社に爆弾を仕掛けた韓国人 全(チョン)の生命エネルギー値

 生命エネルギー値 0.0000000000000000000001 オング

 (10の-22乗)

   陰       55%

   陽       100%

この容疑者の身体は地球上にあって精神は現代に不在,微力なエネルギー値で 
他の異見を即受け入れてしまい、自ら主体の考えは全くない精神病者となっている。

新聞などの他の意見から思いついた犯罪。

<<<

プロゴルフ界において

○松山英樹

1億7600万オング、陰100%、陽100%

○石川遼

1億6300万オング、陰95%、陽100%

二人は同年代で石川は2008年にプロになり海外では0勝、松山は2013年に
 
プロとなり海外で1勝している。生命エネルギーの観点からは松山英樹が有利
 
石川遼は陰95%、十代でプロになり驕りから未だ脱却していない。この高慢さが
 
なくなり、陰100%に成ったときから実力が発揮するようになる。
 
注記)エネルギー値はインターネットからの写真から検出しました。

 

 
易経の序卦傳2
 
易経 -- 序卦傳1(前回)
 
音読音声1         音読音声1,2
天地有り、然る後万物生ず。天地の間に盈(み)つる者は唯万物なり。

故にこれを受くるに屯(ちゅん)を以てす。

屯とは盈(み)つるなり。屯とは物の始めて生ずるなり。

物生ずれば必ず蒙(もう)なり。故にこれを受くるに蒙を以てす。

蒙とは蒙(くら)きなり。物の稚(おさな)きなり。

物の稚(おさな)きは養わざる可からざるなり。

故に之を受くるに需(じゅ)を以てす。需とは飲食の道なり。

飲食には必ず訟(しょう)有り。故に之を受くるに訟を以てす。

訟には必ず衆の起こること有り、故に之を受くるに師(し)を以てす。

師とは衆なり。衆は必ず比する所有り。故に之を受くる比を以てす。

比とは比するなり。比すれば必ず蓄ふる所有り、故に之を受くるに

小畜(しょうちく)を以てす。

物蓄えられて然る後に礼有り、故に之を受くるに履(り)を以てす。

履とは礼なり。
 
序卦傳2
音読音声2
履有りて然る後に安し、故に之を受くるに泰(たい)を以てす。

泰とは通ずるなり。物は以て通ずるに終わる可からず。

故に之に受くるに否(ひ)を以てす。

物は以て否(ふさ)がるに終わる可からず。

故に之に受くるに同人(どうじん)を以てす。

人と同じき者は、物 必ず歸(き)す。

故に之に受くるに大有(たいゆう)を以てす。

有(たも)つこと大なる者は、以て盈つ可からず。

故に之に受くるに謙(けん)を以てす。

有(たも)つこと大にして能く謙すれば必ず豫しむ。

故に之に受くるに豫(よ)を以てす。

豫しめば必ず隨う有り。故に之に受くるに隨(ずい)を以てす。

喜びを以て人に隨う者は必ず事有り。

故に之に受くるに蠱(こ)を以てす。

蠱とは事なり。事有りて而して後に大なる可し、

故に之に受くるに臨(りん)を以てす。

臨とは大なるなり。物大にして然る後に觀る可し。

故に之に受くるに觀(かん)を以てす。

觀る可くして而して後に合う所有り。

故に之に受くるに
(ぜいこう)を以てす。
(こう)とは合うなり。

物は以て苟くも合うて 已む可からず、

故に之に受くるに賁(ひ)を以てす。賁とは飾るなり。

飾りを致して然る後に亨れば則ち盡く。

故に之に受くるに剥(はく)を以てす。剥とは剥くるなり。

物は以て盡くるに終わる可からず。剥すること上に窮まれば下に反る。

故に之に受くるに復(ふく)を以てす。

復すれば則ち妄ならず。故に之に受くるに无妄(むぼう)を以てす。

无妄有りて然る後に畜う可し。

故に之に受くるに大畜(だいちく)を以てす。

物畜えられて然る後に養う可し。

故に之に受くるに頤(い)を以てす。頤とは養うなり。

養わざれば則ち動く可からず。故に之に受くるに大過(たいか)を以てす。

物は以て過ぐるに終わる可からず。故に之に受くるに坎(かん)を以てす。

坎とは陷(おちい)るなり。陷れば必ず麗(つ)く所有り。

故に之に受くるに離(り)を以てす。離とは麗(つ)くなり。

注記)

解らない、難解なもの、不明なものを聞くことで潜在意識が働きます。何回も

聞くことにより潜在意識に浸透していきます。その難解なものを潜在が解明して

いくことにより、意義が顕在に反ってきます。

宇宙で科学的に証明されていないものが95%以上と言われる現代においてこの

難解な易経を学習することも意義があると思います。
 
潜在エネルギー値を検出する方法

  氣による脳波を検出する方法

 脳波を検出する機器はありますが、自らの感性で検出することがより感性を研ぎ

 澄ます法であります。
 
脳波検出は手指の反応によって検出致します。

氣オーリング丹田法により行っていきます。

先ず脳波検出表の一番上部の空欄に氣を転移します。

人の額の印堂部に検出表の上部空欄に当てます、軽く3秒程接触します。

静かに机上に検出表を置きます(写真から転移する方法は注記を参照)

脳波検出は

脳波検出表の全体を見渡しますと

0ヘルツ~10ヘルツ、10~20ヘルツ、20~30ヘルツ

30~40ヘルツ、40~50ヘルツ、50~60ヘルツ、

と記されています。

左側には黒点が6個並んでいます。その黒点からチエックします。

一般の人では30~60ヘルツの脳波値ですので30ヘルツの左黒点

に右手(親指、人差し指、中指)で検出棒を持ち、黒点に当てます。

検出棒を離して、検出表の近くに置きます。

小声で30から40ヘルツ以内ですか、左手(親指と小指を接触)

右手(親指と人差し指を接触)―左オーリングに右オーリング

を差し入れます)

丹田に意識を置いて、左手のオーリングを右手オーリングで引っ張る

(この際左指の力を抜きます)-

左手のOリングが閉じた時―30~40ヘルツ以内である

左手のOリングは開いたとき-30~40ヘルツ以内ではない。

(開いたと仮定して)次に続きます

――
再度検出棒を右手に持ち、40ヘルツの左黒点を指してから

即右手、左手でオーリングを組みます。

小声で40~50ヘルツ以内ですかーと問います

右手Oリング を左手Oリング で引っ張ります。

この際に意識は丹田に置きます、両方の手の力を抜き、軽く右手で

引っ張る。

左手Oリングが閉じた時は-40~50ヘルツ以内   YES

左手Oリングが開いた時は40~50ヘルツ以内ではない。NO

左手が閉じて固定されていたと仮定 YES

40~50ヘルツ内の脳波値であります。

41,42,――――48―――50

一つ一つ、検出棒を置き、離してオーリングを繰り返して検出値を求めます。

Oリング45ヘルツで閉じた。―脳波は45ヘルツとなります。

<<<

検出棒を離して20秒以内であれば手に氣の検出が可能、

それ以上時間がかかる時は再度検出棒を当て直して行います。

脳波検出表の空欄に転移した氣は払わない場合は残存しています。

注記)

写真から転移するには、写真の表面を脳波検出表に向けて置きます。

ー写真表面を検出表に向けるように置きます。

転移棒による場合は眼に当て、検出表の空欄に転移させます。

眼を閉じていた場合は、印堂から氣を転移します。
 
 

                                                                                   

inserted by FC2 system